何故生える?産毛の意味

 

何故生える?産毛の意味
皆さん、産毛の処理ってどうしていますか?
パッと見は他のムダ毛に比べて目立たないものの、かと言ってそのままにしておくと気になる産毛もありますよね。

 

でもそんなあっても無くても良いような産毛、なぜ生えるのでしょうか?
今回は産毛について見ていきましょう。

 

 

産毛とは?

何故生える?産毛の意味
産毛に正確な定義は無いのですが、いわゆるムダ毛に比べ細く短く、一般的には処理しなくてもそれ程目立たない毛の事を指す、という認識で良いと思います。
全身に確実に生えていますが、特に目立つ産毛は「前髪やもみあげの生え際」「鼻の下」「」「お腹」などが挙げられます。

 

 

産毛は何故生える?

それでは産毛は何故生えるのでしょうか。
その理由は以下の通りです。

 

肌を刺激から守る

何故生える?産毛の意味
お肌は紫外線や塵・ほこりなど、さまざまな刺激にさらされています。
その刺激を少しでも防いでくれるのが産毛です。つまり、他のムダ毛と同じ役割だったものが、それほど必要性が無く退化したものと考えて良いでしょう。

 

特に顔のお肌は、産毛によってお肌をキレイに保ってくれているのです。

 

ムダ毛処理の名残

サロンやクリニックで脱毛した方は、元々の太くて濃い毛が産毛に変わります
脱毛は産毛までは処理できないため、どうしても脱毛後に産毛は残ってしまうのです。

 

産毛は処理すべき?

何故生える?産毛の意味
では産毛は処理すべきなのでしょうか。
できれば、なるべく最低限の処理で済ますのがオススメです。なぜなら産毛の処理で肌に刺激を与えてしまうと、肌を守ろうとして産毛がさらに太く濃い体毛に変化してしまう可能性があるからです。
また、部位によっては産毛を剃る事で、手触りがザラザラしてしまうような場所もあります。
鼻の下や指など、処理する場所は出来る限り少なくしておきましょう。

 

産毛もムダ毛の一種として、気になる方も多いかもしれません。
でも産毛を完全に無くす事はできません。だから、なるべく上手く付き合っていけるように、処理のし過ぎには気をつけましょうね!